バイオリソースを是非ご利用ください


入手費用は非営利・学術機関(教育・研究)に比べ、2倍となります点、ご理解いただけますようお願いいたします。
リソースによっては、以下の場合も営利・非学術機関と同じ入手費用が必要となります。

・ 学術機関と非学術機関との共同研究
・ 学術機関による非学術機関からの委託研究
・ 学術機関による営利を目的とした研究開発(特許等の取得を目的とした研究開発を含む)

[ 全リソースの入手価格 – 早見表(非営利・学術機関用)はこちら:動物植物微生物細胞 / 遺伝子材料 ]

研究へのご利用は、基本的に学術機関の場合と同じ手続き(MTA等)となります。
*一部リソース(提供機関)ではMTA内に追記事項を設けています。

研究以外の営利目的を対象とする場合の取扱いについては、権利保有者(多くの場合、リソース寄託者)/ 権利保有機関との個別交渉・契約となります。まずは、対象リソースのNBRP担当にご相談くださるようお願いいたします。

リソースの入手と同様に、リソースの寄託にご協力をお願いします。
ご寄託いただいたリソースの利用にあたっては、発表論文への引用や用途の制限、営利目的での利用には別途ライセンス契約締結等の各種条件を付加することが可能です。
寄託可能なリソースがございましたら、是非対象リソースのNBRP担当へお問い合わせをお願いいたします。

このページの先頭へ戻る