研究論文発表:植物生殖研究における長年の謎を解明! 〜 カロースによる減数分裂の開始制御 ~

NBRPイネの中核拠点である国立遺伝学研究所より、GSL5 が減数分裂期の葯におけるカロース合成の主要酵素であり、GSL5 によるカロース合成が葯における減数分裂の「適切な開始時期と進行」に必須であることを証明する論文が発表されました。減数分裂とその後の生殖過程における GSL5 機能の更なる解析は、地球規模の環境変動で懸念される穀物の収量低下に解決の糸口を与える研究への発展が期待できます。

プレスリリースはこちら

(論文詳細)
“Rice GLUCAN SYNTHASE-LIKE5 promotes anther callose deposition to maintain meiosis initiation and progression.”, Plant Physiology.

このページの先頭へ戻る