バイオリソース入手までの流れ

①検索

リソース検索」ページから、目的の生物種を選択して、各リソース拠点が管理するホームページ(購入データベース)にアクセスします。
リソースリストや検索ページから目的のリソースを探します。

②発注

ウェブ発注システムから、もしくは直接の問い合わせにより、注文します。
[ 全リソースの入手価格 – 早見表(非営利・学術機関用)はこちら:動物植物微生物細胞 / 遺伝子材料 ]

注文時や注文後に
生物遺伝資源提供同意書(Material Transfer Agreement、MTA)
の送付が必要です。
MTA以外にも、リソース提供機関によって、
・提供依頼書
・提供承諾書(寄託者による利用条件が付加されている場合)
・遺伝子組換え生物等の受入れ承諾書(遺伝子組換え生物の場合)
が必要となる場合があります。

正式発注はMTA等必要書類への記入が正しく確認(締結)された後になります。
▶現在MTAの電子ファイル化を進めており、手続きの迅速化に努めています。

③生産・提供準備

ライフサイクルの長い生物では、提供までに時間がかかります。また、系統・株の増殖能や保存状態 [動物での例: 生体 / 凍結(胚 /生殖細胞)]、季節などによって提供までの時間に大きな差が生じます。
できるだけお早めに各リソース提供機関にご相談・ご注文いただき、計画的なご利用をお願いいたします。

④受取日や受け入れ態勢の確認

受注されたリソースの提供準備が整いましたら、ご連絡をして受取日の調整や、搬送先・受け入れ準備の最終確認を行います。

⑤搬送 / ⑥ 受け取りと受領書の返送

⑦ 請求書の受領と支払い

支払い方法は、リソース提供機関や配送先(国内・外)によって、口座振込、クレジットカード払い、もしくはその両方に対応、と異なりますので、各リソース提供ホームページにてご確認ください。

NBRPの各リソース提供機関では、リソースの提供とともに、ホームページ上での各リソースに関する実験・飼育プロトコールの掲載や、技術研修の開催を行っています。
新たなバイオリソースの導入を検討される際、是非ご活用ください。

NBRPリソースを使った研究成果フィードバックのお願い

NBRPは研究コミュニティーと研究者である皆様のご支援・ご活用の上に成立する事業です。そのため、成果としてのNBRPリソースを利用した成果論文情報の収集や、バイオリソースの寄託によるリソースの充実(しいてはリソース開発・寄託・保管・提供・再利用の好循環)にご協力いただけますようよろしくお願いいたします(詳しくは「NBRPリソースを使った研究成果フィードバックのお願い」をご覧ください)。

このページの先頭へ戻る